スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆;.+*:゚+。.☆;.+*:゚+。.☆

販売しているところ

銀河塗りのやり方

こんばんは。
今回は作品紹介ではなく、私がやっている銀河塗りの方法をご紹介したいと思います。
すごく長いです

最大の特徴としては、よくある背景を書く方法の「マニキュアを垂らして混ぜる」では無いことでしょうか、本物みたいなキラキラ感が欲しいので手間を惜しまず!です。
これは私にとっていいと思う方法です。もっといい方法がたくさんあると思います。

まず、用意するものです。
2013032002020000.jpg
タミヤエナメルカラー X-13 メタリックブルー
マニキュア 紺、グレー、ゴールド(細かいラメ)、アクアマリン(細かいラメ)、クリアブルー(ペンタゴンのラメが入っているもの)
銀河塗りに使用したいミール皿
(アクアマリン以外のマニキュアは100均(セリア等)で揃えたと思います)

赤い数字は塗る順番です。
2,5,6番の2度目の塗り(4,7,9番)は面倒だったら要りませんが、ここで整える感じなのであった方が綺麗になるかな?
マニキュア筆で混色したりするので普段使い用じゃないものがいいと思います。

2013032002030000.jpg
まず、ミール皿にタミヤカラーを塗ります。
これで仕上がりに大きく差が出ます。
エナメルカラーは専用の溶剤が無いと筆を洗うことができません。
めんどくさい場合は綿棒で塗ってしまえばいいと思います。

2013032002060000.jpg
エナメルカラーが乾いたら紺のマニキュアを銀河を渡したいところ以外に乗せます。すぐ乾かないように少し多めだとやりやすいです。

2013032002090000.jpg
その後、銀河を渡すところの反対側にグレーを乗せ、紺と馴染ませます。
私は紺のマニキュア筆でそのまま混ぜて馴染ませます。
そのご、紺で整えます。

2013032002090001.jpg
次に銀河を渡すところにアクアマリンのマニキュアをたっぷり乗せます。
瓶から出した筆をそのまま載せる感じでいいです。

2013032002120000.jpg
そうしたらそのままマニキュア筆で紺のマニキュアと馴染ませていきます。
この時タミヤカラーも溶け出してきてアクアマリンが濃いブルーになると思います。

2013032002130000.jpg
次にゴールドのマニキュアを銀河の真ん中あたりに線を書くように乗せ、その後筆の先を使って馴染ませます。
その後アクアマリンでゴールドの部分を整えます。

2013032002140000.jpg
少しだけ乾かし、クリアブルーのマニキュアを全体的にたっぷり載せます。
そこまでキラキラしなくてもいい人はこれは省略してもいいと思います。
(画像のミール皿は間違えて塗ったあとのモノが写っています)

2013032002190000.jpg
最後に、ビンの淵でマニキュアを落としたゴールドの筆で銀河のキラキラが少ないなと思ったところにポンポンと置いていきます。
この塗り方では何度も厚塗り重ね塗りを繰り返しているので1日以上乾燥させるのをおすすめします。
ドライヤーで温めて乾燥させると悲惨なことになるのでやめたほうがいいです。

2013032100050001.jpg
よーーーーく乾燥させたら完成!
(こちらは最後のゴールドを結構広げました)

時間と手間はすごーーーく掛かりますが、素敵な背景がかけると思います。
作品作りに活かしてみてください^o^
ブログランキング・にほんブログ村へ


☆;.+*:゚+。.☆;.+*:゚+。.☆

販売しているところ

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) Gulum all rights reserved.
まとめ

プロフィール

しぃ

Author:しぃ
はじめまして。
漫画と音楽が大好きな20代の女の子(笑)
粘土とレジンを弄っていることが多いです。

制作依頼、交換会はお気軽にお問い合わせください。

【ついった】
@siychang

【近況】
コミティアとマルシェ・ミニョンの参加を検討しています。



作品について

当ブログにて発表した作品のデザインの著作権はしぃにあります。 盗用、転載はご遠慮ください。 参考になさる場合はお声かけいただければ、と思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。